トップページ > 塗装 施工実績 > 日進市 シャッター・玄関ドア塗り替え 施工実績

カラーシュミレーター
色見本
暮らしのスタイルで選ぶカラー



新着情報・TOPICS

土手 (2017/04/12)
仕事始め (2017/01/05)
(2016/10/14)
東京へ (2016/06/16)
GWバーベキュー (2016/05/13)
ねこブーム3 (2016/04/29)
バーベキュー (2016/04/19)
花見 (2016/04/07)
ねこブーム2 (2016/03/25)
ねこブーム (2016/03/15)
  • 前の施工実績
  • 次の施工実績

日進市 シャッター・玄関ドア塗り替え 施工実績

地域
カラー
施工箇所   
テーマ

施工の概要について

ケレン下処理→玄関ドア・枠塗り替え→シャッター・枠塗り替え→手直し→完成


今回の工事で気を付けた事

木部塗り替えでは、塗料の吸い込みムラや色ムラが起こりやすいので、下地調整をしっかり行い、刷毛で塗り替える際には、刷毛筋が残らないようロックペイントの”ユメロック弾性”をムラなく均等になるよう塗り替えました。


施工前

日進市の木製シャッター・木製玄関ドア塗り替えの施工実績です。

 

 

 木製シャッターと木製玄関ドア塗り替えには、ロックペイントの弱溶剤2液型シリコン系弾性塗料”ユメロック弾性”を使用しました。”ユメロック弾性”は、最大の特性として、シリコンウレタン樹脂による秀れた耐候効果と木材の呼吸に追従する秀れた弾性があります。また、鉛・クロムなどの体に有害な重金属が含まれていないので、環境と人にやさしい塗料です。

施工現場 写真

  •  シャッター塗り替え                 オービタルサンダーによるケレン 

  •  シャッター塗り替え 細部ケレン

  •  シャッター塗り替え ケレン後

  •  シャッター塗り替え      上塗り1回目

  •  シャッター塗り替え      上塗り1回目 完了

  •  シャッター塗り替え      上塗り2回目


施工後

塗り替え前は、シャッター・玄関扉、共に長年の紫外線による色褪せや変色がみられました。

 

 

 木部塗り替えは、特に塗料の吸い込みムラや色ムラが起きやすいので、ケレンや清掃による「下地調整」が大変重要です。なので、ケレン・清掃をしっかり行い、塗装に合った木下地を作りを行いました。

 

 

シャッター・玄関扉の塗り替え後の仕上がりは、ダークブラウンで木目を生かし重厚感のある、エレガントな仕上がりになりました。

 

日進市周辺で木製シャッターや木製玄関ドアの塗り替えのことなら、小林塗装にお問い合わせ下さい。



施工の工程について

  • 玄関ドア・枠塗り替え

    使用塗料 弱溶剤2液型シリコン系弾性塗料
    仕上げ色 ダークブラウン
    期待耐用年数 10~12年
  • 施工手順

    ケレン下処理
    ロックペイント ユメロック弾性 2回

    合計2回塗り


  • シャッター・枠塗り替え

    使用塗料 弱溶剤2液型シリコン系弾性塗料
    仕上げ色 ダークブラウン
    期待耐用年数 10~12年
  • 施工手順

    ケレン下処理
    ロックペイント ユメロック弾性 2回

    合計2回塗り



  • 前の施工実績
  • 次の施工実績

もっと、小林塗装の塗装施工実績を見る

  • カラー別
  • テーマ別
  • 地域別
  • 施工箇所別