トップページ > 塗り替え工事よくある質問 > 塗装工事の見積りや契約に関する質問や相談

カラーシュミレーター
色見本
暮らしのスタイルで選ぶカラー



新着情報・TOPICS

土手 (2017/04/12)
仕事始め (2017/01/05)
(2016/10/14)
東京へ (2016/06/16)
GWバーベキュー (2016/05/13)
ねこブーム3 (2016/04/29)
バーベキュー (2016/04/19)
花見 (2016/04/07)
ねこブーム2 (2016/03/25)
ねこブーム (2016/03/15)

塗装工事の見積りや契約についての質問



家の塗り替え工事をする際、どんな業者さんなら安心する事ができますか?
業者選びの大きなチェックポイントとしましては、
1.塗り替えを考える上で家の劣化状態を分かりやすく説明できる業者。
2.塗装する部位、塗料についてお客様が分かりやすく、納得できる様に説明ができる業者。
3.不明な部分を質問しても、的確な答えが返ってくる業者。
4.見積りには、「~塗装一式」等ではなく、素人でも分かり易く書いてある業者。
5.不具合に対する対応、アフターフォロー等がしっかりしている業者等が挙げられます。
塗装工事の内容が適切かどうかの判断はどうすれば良いですか?
塗装工事の内容は、建物の劣化状況や素地の種類等、複雑な要素が組み合わされて、 工事内容決定されますので、工事の内容が適切かどうかの判断基準は、建物によって大きく異なってきます。
ですから、「事前に建物調査をきちんと行った上で、塗装仕様が組まれているか。」 「下地処理、下塗り、中塗り、上塗りに使用する塗料の目的、役割、特徴等が説明されているか。」等により、判断すれば良いかと思います。
塗り替え工事の契約時に注意する点は何がありますか?
塗り替え工事の契約時点では、低価格で結んだ工事契約も、塗り替え工事の途中で
「ついでにココも塗っておきましょうか?」等と、軽い口約束で追加工事を決めてしまい、 工事完了後の請求金額が思っていたより高かったという契約トラブルが多くあります。
ですから、塗装工事の契約前に見積書により、塗装する部位の範囲を確認する事が重要です。
また、塗装工事の前にしっかりとした建物診断を行った場合には、追加工事はほとんど出ないものです。
万一、追加工事が出た場合には、追加工事ごとに追加見積もりを取り、再契約する事が重要です。
塗装工事の品質保証は、長い方が良いのでしょうか?
会社によっては、保証期間が長い事を謳い文句に宣伝している業者がありますが、塗装工事は、電化製品等の完成品と違い、 下地の状態から上塗りまでの複雑な要素を持っており、一律に「○○年保証」と決めるのが難しいものです。
従って、「品質保証10年」等と長い保証がある場合は、付帯条項等による制限を良く確認した方が良いです。
また、10年目に電話をしたら、会社が無かった等という事もありえます。
保証期間の長さを比べるよりも、地元にきちんとした店舗を構えた業者を選ぶ方が、アフターケアを受けやすいと考えられます。
水性塗料を使用する際に注意すべき事は?
最近、住宅の外壁塗り替えでは水性系塗料がよく使われます。
現在の水性塗料は、性能面では溶剤系塗料と同等のレベルですが、水が蒸発して塗膜を形成する為に気象条件等により、次の様な場合で施工トラブルが生じる場合があります。

1.冬場には、塗膜が凍結したり、樹脂粒子同士の結合が弱くなる(造膜不良)を起こす事があります。
冬期、施工が遅れて、無理をして夕方頃に塗装した際等に起こります。
造膜不良の塗膜は、塗装直後はきれいに見えても、塗膜に付着性や耐久性が無いので、しばらくすると割れ、
剥がれ等、重大な不具合が発生する可能性があります。

2.乾燥前の塗膜は、水が掛かると流れます。
基本的に雨天の場合は外部の工事は行いませんが、工期が遅れて無理をして塗装した際によく生じます。

3.吹き付けタイル等の模様付け塗料が、未乾燥な状態で上塗り塗料を塗装すると、水泡上のブツブツができる事があります。
下塗りの水分が十分抜けないまま、上塗り塗料が被膜を造る事により、塗膜間に行き場のない水分が溜まる為です。
湿度の高い時や、工期を急いで規定の乾燥時間をとらなかった時によく生じます。

これらはよく起こる塗膜の品質不良の一例です。 当店では、工期に余裕を持って工程予定を組みますが、気象条件等、不可抗力の際にはお客様の協力をお願いする事があります。
外壁の塗り替え折り込みチラシ(広告)などに坪単価○○円(述床面積)と書いてあるのを
見かけますが、単純に坪いくらで積算できるものなのですか?
よくチラシ等に「1坪当たり~円」と出している業者が坪単価を使用するには、理由があります。
その理由とは、「坪単価」を利用すれば、素人同然の営業マンでも簡単に見積りを作る事ができますし、 何でも同じ施工方法で工事を行う事になるので、会社経費や塗料の無駄が無く、工事利益が出しやすい為です。
また、いつも同じ方法だけで施工する為、職人さんの経験・知識・技術、何も必要ありません。
塗り替え工事は、本来建物ごとにしっかりとした調査を行い、最適な工法を選ぶべきなのですが(目利きができなくても、実測数量で見積る、にわか業者も多いです。・・・)、 その様な事を行わないので、どうしても塗装工事の品質は低く、「塗っただけ」である場合が多いのです。
この坪単価で計算する方法は『誰でも簡単で分かりやすい』ので、細かな事は考えないお客様からは、根強い人気がある見積方法です。

「坪単価」による見積り方法自体は、昔からある積算方法で、今でも年配の業者さん等は、使っています。
30~40年前は、家の建築様式は、工法や間取りもあまり変わらなかったので、若干の違いはありますが、施工価格にそんな大きな違いはなく、坪単価でも十分対応できました。
実際、坪数からおおよその数量は想像できますし、掛かる工賃なども予想できますので、坪単価で出す見積金額が、「まるっきり、いい加減。」とまでは言えません。
しかし、現在では坪単価による方式は、建築様式や間取りの多様化に伴って、「正確さに欠ける」為に数量の正確さが求められる職種を中心に、あまり使われなくなり、 現在は、住宅の塗装工事で数量を算出する場合には、実際に塗る数量(㎡やm)に単価をかけて合計する手法(数量×単価=金額)が主流になってます。
コロニアル屋根の塗り替えは、夏に塗り替えをしない方が良いと言われたのですが、どうしてですか?
夏場にコロニアル屋根の塗装をしない方がいいという説には2つ理由があります。
1つ目は、「夏場は、夕立等も含め、雨が降る事が意外に多い為。」
もう2つ目は、「屋根表面が異常に熱くなるので、工程管理が意外と難しい為。」
従って、気象条件・乾燥条件等、塗装の施工管理がうまくできていれば、何ら問題はありません。
何件かの会社から見積もりをお願いしたのですが、見積金額がバラバラです。
何を基準にすれば良いのですか?
その様な場合には、まず見積書に記載されている㎡(平米数)面積を確認して下さい。
計測の仕方の違いや、施工範囲によって、かなり金額の差が生じる場合があります。
また、使用する塗料、その他に使用する資材等を同じ物にする事が大切です。
各社によって、使用する塗料メーカー等、違いはありますが、同じ様な仕様があります。
しかし、一概に「この会社は、この塗料しか奨めてこないからダメだ」という訳でもありません。

塗装は、汚れにくい、燃えにくい、カビにくい等、優れた機能をいくつも兼ね備えた塗料によって、塗膜を維持させます。
ですから、より良い状態を長く維持できる様、特定の塗料をおススメする事もあります。
従って、お客様自身でも、塗料の性能や用途をよく調べて、お客様が納得される方を選ぶ事が重要です。

塗装工事の見積りや契約についての質問

小林塗装では、遮熱塗料についてお客様が分からない事を「塗装工事のプロの目線」で
できる限り、分かりやすくお答えします。
遮熱塗料について気になる事がありましたら、まずは、お気軽にご相談下さい。


お名前*
your name
メールアドレス*
e-mail address
お電話番号
phone number
ご相談内容*
comment