トップページ > 塗り替え工事よくある質問 > 遮熱塗料についての質問・相談

カラーシュミレーター
色見本
暮らしのスタイルで選ぶカラー



新着情報・TOPICS

土手 (2017/04/12)
仕事始め (2017/01/05)
(2016/10/14)
東京へ (2016/06/16)
GWバーベキュー (2016/05/13)
ねこブーム3 (2016/04/29)
バーベキュー (2016/04/19)
花見 (2016/04/07)
ねこブーム2 (2016/03/25)
ねこブーム (2016/03/15)

遮熱塗料についての質問



遮熱塗料の色によって、遮熱効果に差はありますか?
一般的に色が濃くなる程、(明度が低くなる程)塗装の表面温度は高くなります。
この傾向は一般塗料も同様の事が言えます。
一般塗料と遮熱塗料の表面温度差は、同一色を塗装した場合、淡色~濃色になる程、大きくなります。
従って、遮熱効果(日射反射率)の差は、濃色の方が大きく、淡色の方が小さいという事です。
別の観点で説明しますと、遮熱塗料も、一般塗料と同様に、淡彩色の方が表面温度が低く、濃色の方が高くなります。
遮熱塗料は、太陽光を反射させるので、冬場は逆に暖房効率を低下させるのでは?
その心配はありません。屋外の温度が20℃以下の場合、遮熱塗料は太陽熱を反射しない事が検証されています。
従って、「室内への影響は無い。」と言えます。
遮熱塗料の遮熱効果は、塗装面の汚れによって、低下するのですか?
遮熱塗料の塗膜が汚染される事によって、遮熱効果は低加します。
従って、優れた耐汚染性を持った塗料の塗膜ほど、遮熱効果が長く維持する事ができると言えます。
遮熱塗料の遮熱効果は、塗膜の経年劣化によって、低下するのですか?
遮熱塗料の塗膜が劣化する事によって、遮熱効果は低減します。
従って、優れた耐候性を持った塗料の塗膜ほど、遮熱効果が長く維持する事ができます
塗装の厚みによって、遮熱効果に差は出ますか?
各種、遮熱塗料が規定する塗装の厚みが確保されていない場合は、充分な遮熱効果を発揮する事はできません。
ですから、施工する際には規定の塗膜厚を確保する事が重要です。
遮熱塗料は、艶を調整する事ができますか?
エスケー化研等の一部塗料メーカーでは、遮熱塗料の艶調整が可能です。
遮熱塗料は、遮熱効果以外に期待できる効果はありますか?
遮熱塗料は、塗膜表面の温度と共に被塗物の温度上昇を抑える事ができます。
塗装面の温度差を緩和させる事によって、外壁材や金属材の膨張、収縮が抑えられ、外壁材や金属材の劣化抑制に繋がります。
また、活膜の旧塗膜がある塗り替えの場合、塗膜の表面温度が低い程、塗膜の膨れ等の発生が緩和される傾向があります。(施工トラブルの回避)

遮熱
遮熱とは、太陽光中の近赤外線領域を効率的に反射するさせる事を言います。
その為、輻射熱に効果があり、日差しの強い夏場に活躍します。
遮熱効果のある塗料を塗装すれば、熱を効率的に反射します。
従って、強い日差しから、外壁・屋根が熱せられるのを防ぎ、夏場に涼しい環境を実現させる事ができます。

断熱
断熱とは、熱の伝導を遅らせる事を言います。
伝導熱(夏場の強い日差し)や対流熱(室内エアコン・ストーブ・ヒーター等)に効果があります。
ですから、断熱効果は季節を問わず活躍します。


遮熱塗料の事なら、お気軽にご相談下さい。

小林塗装では、遮熱塗料についてお客様が分からない事を「現場のペンキ屋の目線」で
できる限り、分かりやすくお答えします。
遮熱塗料について気になる事がありましたら、まずは、お気軽にご相談下さい。


お名前*
your name
メールアドレス*
e-mail address
お電話番号
phone number
ご相談内容*
comment