トップページ > 外壁塗装のプロが教える塗装工事ガイド > 塗装工事の契約時に必ず注意すべき点とは?

カラーシュミレーター
色見本
暮らしのスタイルで選ぶカラー



新着情報・TOPICS

土手 (2017/04/12)
仕事始め (2017/01/05)
(2016/10/14)
東京へ (2016/06/16)
GWバーベキュー (2016/05/13)
ねこブーム3 (2016/04/29)
バーベキュー (2016/04/19)
花見 (2016/04/07)
ねこブーム2 (2016/03/25)
ねこブーム (2016/03/15)

塗装工事の契約時に必ず注意すべき点とは?

お客様が業者さんと塗装工事のご契約する際、特に注意しくてはいけないポイントをまとめました。

塗装工事は、絶対に価格だけで判断しない事!

お客様が数社での相見積り行った場合、同一の塗料を使っても、工事の内容(施工方法・施工管理)や
職人さんの施工する技術差によって、大きく塗り替え工事の仕上がり具合に差が出ます。
ですから、相見積りを行う際には、絶対に価格だけでなく、ホームページに掲載されている施工実績を
見てよく検討する必要があります。
どういった仕上がりにしているのか、実際に写真ではどういう感じに家が見えるか
施工実績のページでは、業者選定の参考になる情報がかなり掲載をされていると思います。
あとは、実際に施工した上で、お客様がどういう感想を持たれているのか、そういったお客様の声も
参考になるかと思います。
(但し、ホームページのお客様の声は、ヤラセや仕込みもあるので、100%は信じられませんが。…)

なお、塗装業者さんの相見積りを行う際には、同一の条件(同一の施工範囲・同一の材料・同一の施工方法等)
行う事が分かりやすい為、ベストと言えます。 


安易な値引きやサービス工事に飛びつかない事!

工事代金の値引きやサービス工事は、お客様の誰もが魅力的に感じるものだと思います。
でも、それはお客様にとって、本当にお得なのでしょうか?もちろん中には良心的な業者さんもいます。
しかし、提示された見積金額から20%以上の大きな値引きが行われている場合には
絶対に注意が必要です。根拠のない塗装工事の値引きやサービス工事を良しとせずに
内容をよく比較して検討する必要があります。


塗装工事で、分からない事は、必ず質問しましょう!

良心的で、数多くの塗り替え・防水工事の施工に携わっている業者さん程、専門的な知識や技術を
しっかり持っています。
塗装工事の調査・見積りに来た業者さんには、施工方法や塗料で分からない事を遠慮せずにどんどん質問をする事が大切です。
本当にその施工業者さんが良心的か、そうでないかの判断基準は、お客様の質問や相談に対して
しっかりと分かり易く、親切丁寧に説明をしてくれるかどうかが重要なポイントと言えます。


悪質な業者の手口を知りましょう!

外壁塗装の業者の中にも、悪質な施工を行う業者がいます。(同業者として本当に迷惑な話です)
高圧洗浄・ケレン・補修・下塗り等、塗り替え工事にとってはとても重要な作業ですが
そんな重要な工程を省かれるといった被害をよく耳にします。
まずは、お客様が悪質な施工業者の手抜きの手口を知って、そんな被害を未然に防ぐ事が大切です。


塗装工事悪質業者の特徴~見積り・契約時に見られる特徴~

工事金額の値引き幅が極端に大きい

塗り替え工事で、「見積り金額で勝負する!!」そんな施工業者がよく行う手口としては
会社の上司に、工事金額値引きの相談で演出(嘘)の電話交渉等をお客様の前で行います。
=その様な施工業者は、間違いなく、手抜き見積り・手抜き工事を行います。


住まいや生活に危機感や不安を煽る業者「不安商法」

住まいや日常生活に対する危機感や不安感を煽った商法を、「不安商法」と言います。
不安商法は、主にお年寄りや主婦をターゲットにして使われます。
セールスマンの巧みなセールストークや難解な専門用語で、お客様の不安心理を突く、
卑怯な営業方法です。


点検作業を行い、虚偽報告、不安を煽る業者「点検商法」

お客様の住まいに「点検」を行うと称し訪問して、住まいにとって全く無意味な点検作業を行い
お客様に虚偽の報告したり、又は住まいの不安を煽る事によって、塗装工事の契約を勧め、過分な改善
あるいは異常に高価な施工を行うことを悪徳商法を「点検商法」と言います。


「施工モデルになって下さい。」という業者「モデル商法」

お客様の住まいを施工モデルにすると、工事代金が安くなる、「モデル料」といった名目で
値引きされるといった塗装工事の勧誘を行なう商法の事を「モデル商法」と言います。


誇大なセールストークで話す営業マン

どんな塗料にも、一長一短は必ずあります。万能な塗料は、まずを持ってあり得ません。
ですから、良心的な業者さんは、使用する塗料を誇大なセールストークで話す営業マンと違って、
メリット(セールスポイント)とデメリット(問題点)を事前にしっかり説明しますが、
悪徳な業者は誇大なセールストークで、塗料のメリットしか説明しません。


見積り提示額が極端に安い

契約後、追加・別途工事を出してきたりします。…これも、悪徳業者の手口です。
もしくは、最初の工事自体がすでに手抜きになっているかもしれません。


塗装工事の契約や施工を急ぐ営業マン

この様な場合、塗装工事の契約後に、追加・別途工事を出してきたりケースが多いです。
…これも、悪徳業者の手口と言えます。
もしくは、最初の塗装工事自体の見積りが既に手抜きになっているかもしれません。


~手抜き塗装工事の手口~

契約内容と違う塗料や材料を使う

塗料缶のラベルを張り替えたり、使用期限が切れた塗料を使う等、塗料の偽装を行います。
塗料の知識がなければ、確実に罠に引っかかるかもしれません。


高圧洗浄を省略する

ただ、水を流すだけで、汚れがキレイに落ちていない状態のまま塗装をしてしまいますと、
早期に塗膜の剥離、
カビ・コケが発生する原因になります。
そうなれば、耐久性はもちろんですが、住まいへのダメージは避けられません。
高圧洗浄の施工単価が他社に比べ、極端に安い場合や無料の場合は要注意です。


ケレン・下地処理を省略する

既定のケレン・目粗し(足付け)・脱脂を行わないと言った様に必要な下地補修の作業工程を
省略します。こういった場合、塗膜の早期剥離等、重大な不具合の原因になってしまいます。


外壁補修の手抜きをする

大きなクラックもフィラーでごまかす。何でもシーリング材で補修してしまう等、
これでは工事が終わって、すぐに不具合が発生してしまいます。
間違った補修工事を行う事により、かえって建物の見栄えや耐久性が悪くなる事もあります。


規定の塗装回数を省略する

5回が3回・3回が2回・2回が1回と、塗装回数の省略は、とにかく酷いです!
塗料によっては、塗膜の厚さが影響するものもあります。
塗料の厚み・規定量が確保されていない施工は、耐久性・防水性等に大きな問題が出てきます。


塗料を既定以上に薄める

既定の希釈量以上に塗料を薄める=乾燥・硬化しても、本来の塗膜が形成されません。
(期待される塗膜性能が発揮されません。)
塗料が持つ本来の耐久性が機能されませんので、早い段階でチョーキングの発生等、
塗膜劣化の原因になります。


養生を行わずに塗装する

塗装工事を行う上では、当然色が付着して欲しくない部分は出てきます。
それが例えば、ご自宅の一部分であったり、近隣の方の住まいであったり…
何でもお構いなしに塗装をしてしまえば、仕上がりが汚くなる事はもちろんですが、
近隣の人付き合いまで、悪くなってしまう事になります。


未熟な素人の職人さんを使う

まずをもっていい加減な仕上がりになります。
技術の低い塗装店が多い最近では、よくある話です。(若い親方・社長の場合が多いです。)


良い塗装業者の選び方

過度な不安の煽る業者には、注意しましょう。

「今、塗装工事をやらないと、大変な事になります。」「このタイミングを逃すと後悔しますよ。」等々・・・
悪質業者は、お客様に過度に不安を煽って、初回の相談から即答を求める事が多いです。
そう言ったすぐに結論を求めてくる施工業者には、充分注意する必要があります。
本当にお客様の事を考えての提案であれば、将来を見据えた具体的な提案をすると思います。


○○キャンペーンに気を付けましょう。

「○○月キャンペーン実施中」や「○○在庫処分につき値引きキャンペーン」等、
よく目にすると思いますが、現在、塗装工事の施工価格は、施工業者が増えてきている為、
全体的な施工単価が下がり、利益率も下がっている傾向です。
キャンペーンと装ったり、施工モデルと称して、現在の利益率を過度に下げられる余裕のある業者は、
現在ではかなり少ないかと思います。
また、健全な誠意ある施工業者の場合、初めから誠意ある明確な見積価格を提示するかと思います。
ですから、キャンペーンと称して無駄に施工価格を吊り上げておいて、お客様の前で大幅値引きの
パフォーマンスを行い、即決営業を押し掛けてくる業者には、充分気を付ける様にしましょう。


提案、説明、対応がお客様目線の業者が良いです。

お客様の疑問や不安に対して、塗装工事プロとして、具体的な提案を丁寧に分かりやすく
説明してくれる施工業者を選びましょう。
例えば、「この○○塗料の場合、メンテナンスが一切不要です。」、
「ずっと、きれいなままで、塗装が汚れる心配がありません。」、
「○○の遮熱効果によって、室内の気温が10度以上下がります。」等々、過度なセールストークや
適当な説明で、お客様に即契約を迫る施工業者がいます。
どんなに良い塗料でも、半永久的にきれいなままで、メンテナンスが不要な塗料は、絶対にありません。
塗料には、様々な種類があり、それぞれ耐用年数もあります。
その様な詳細部分まで、お客様の立場になって、親切な説明をしてくれる業者さんが良いかと思います。


見積書の項目と内容に注意しましょう。

塗装工事の見積書を確認する際、特に注目してすべき部分が、面積(数量)、単価、使用塗料、
塗装仕様の4つです。
同じ樹脂でも、塗料の種類によって、耐久年数や必要数量が大きく異なってくる為、
面積(数量)、単価、使用塗料は、必ず確認する必要があります。


相見積の際、見積もり金額が過度に安かったり、高い場合は注意しましょう。

相場価格よりも、過度に施工価格が高い場合は、後に、大幅な値引きで契約を迫る業者が多いです。
逆に過度に見積が安い場合は、見積通りの施工を行わなかったり、追加工事を請求してくる
場合があります。特に見積提示金額から20%以上の大幅な値引きには注意が必要です。
仮に20%も値引いたら、初めの見積り提示金額との整合性が合わなくなってしまうからです。
この様な理由によって、初めから一定の施工金額で見積もり金額を提示してくれる業者が
信頼できると思います。その為には、まず塗装の地域相場をお客様自身で把握するのも大事な事です。


近隣の皆様への配慮を大切にする業者を選びましょう。

外壁の塗装工事では、塗料の臭い、足場仮設時の騒音、工事車輌の駐車等、近隣の皆様へ
ご迷惑が掛かる事も多くあります。
ですから、お客様と近隣のお付き合いまで、十分に配慮し、工事前には挨拶回りをしてくれる
施工業者も、現在では多くなっています。そういった細かな所まで、お客様の立場を
考えているかどうかを施工業者の選定ポイントにすると良いです。


品質保証について

最近では、施工保証書を書面で発行してくれる業者が増えてきています。
施工後の安心感も保証の有無で大きく変わりますので、保証書の書面発行については、
契約時に確認しておいた方が良いです。


どんな職人が施工するのかを確認しましょう

現場の施工は、自社による直接施工か下請けによる施工かを確認すると良いです。
直接施工の場合は、お客様の要望を柔軟に反映する事ができるという大きなメリットがあります。
逆に下請けによる施工の場合は、お客様と直接の面識が無い分、施工業者に悪気はなくても、
融通が効かなかったり、責任感が無かったりする場合があったりするデメリットがあります。


見積書や契約書を作成してもらえる業者を選びましょう

大手のリフォーム業者以外の塗装業者に外壁塗装を依頼した場合、口頭での約束のみで
塗装工事に取り掛かる、というケースがたまにあります。
この方法が必ずしも「いい加減」という訳ではありませんが、
「どこに何の塗料をどれだけ使い、それぞれの施工金額はいくらなのか」、
「適切な施工方法で塗装を行うのか」が記載された、適切な見積書で工事内容を確認し、
金額を明確にしておく事が大切です。

その上で、簡便な書式でも構わないので、契約書を作成して貰う様にする事が大切です。
契約書には、工事名、住所、工事期間、請負金額、日付、両者の署名、捺印等が記載されていれば、
後にトラブルが生じた場合に役立ちます。
カタログや見積書がどんなに立派でも、その通りの施工が行われていなければ、全く意味がありません。
「契約通りの工事が行われているか」それを確認するのが「契約書」です。



塗り替え工事が完成したら…

塗装工事が終わったら、追加料金が発生する等のトラブル防止の為にも、施工業者と一緒に施工現場を確認しましょう。
外壁や屋根の塗り替え工事は建物の美観だけでなく、建物を紫外線や風雨から守る役目もあります。
塗装を長持ちさせる為にも、塗り替え工事後のチェックを絶対行う必要があります。


塗装工事完了時のチェックポイント

足場を解体する前に全体の確認する

足場を解体してしまった後に塗り替え工事の完了報告を受けてしまいますと、お客様の目線以上の位置から仕上がり具合を確認する事が大変難しくなります。
一部の心無い施工業者は、こうした事を狙って、お客様が工事全体を
確認する前に足場を解体してしまう事があります。
「どの程度の仕上がりか」という、仕上がり感の微妙なレベルは、
塗装工事のプロにしか解らないかもしれませんが、
「お客様が満足・安心するという点」をまず第一に考える必要があります。
ですから、「足場を解体する前に一緒に確認したい」という事を施工業者に伝え、
建物全体の仕上がり確認をする事が必要です。足場の解体後、仕上がりの不具合を見付けた場合、
足場工事の費用が必要になる事があるので注意が必要です。


塗り忘れや塗り斑を手直ししてもらう

お客様がぱっと見て、仕上がった塗装面に塗り忘れや塗り斑があるという事は、塗膜の機能にも品質のばらつきがあるという事になります。
その状態を放置しますと、塗膜の耐汚染性・耐久性・クラック追従性等に悪影響が現れる事が考えられます。
ですから、この様な場合は、すぐに手直ししてもらう事が重要です。

塗装工事は、塗りムラや塗り忘れがない様、上塗り塗料を2回以上塗り重ねる事が普通ですが、中には塗装回数を減らして、上塗り塗料を1回塗るだけのケースも多くあります。
極端に施工価格が安い塗装工事では、こうした手抜き工事が多く見受けられます。

また、規定の塗装工程を行っていても、職人の技術が低い場合等は、
塗り斑や塗り忘れが多く生じる事があります。
特に素地が透けている様な塗り斑がある場合は、早急に手直しが必要です。
明らかな施工の不具合に関しては、施工業者に早急に問い合わせて対応してもらう必要があります。


外壁塗装を長持ちさせるメンテナンス方法等を聞いておく

外壁や屋根の塗り替え工事に使用する塗料は、建物によって異なります。
ですから、お客様自身でできるメンテナンス方法を聞いておく必要があります。


  • 足場を解体する前には、施工業者と一緒に全体確認する
  • 塗り忘れ・塗り斑・掃除等の仕上がり具合をよく確認する
  • 塗装を長持ちさせるメンテナンス方法を聞いておく

塗装工事 チラシやホームページの裏話

塗装屋さんのホームページやチラシの内容は、嘘や間違いが多い!?

会社のホームページやチラシに書かれている内容は、はっきり言って、
「嘘やまちがい」が多くあります。  
ホームページ制作会社や経営コンサルタントやが制作したホームページだけでなく、
個人で作っているページにも嘘や間違いはたくさんあります。
(当店の場合、記載内容に間違いを見つけた際は、すぐに修正をします。)

そんな間違った情報をお客様から、「ホームページを読んで知った」「チラシで見た」
なんて言われると本当に困ってしまいます。
経営コンサルタントやホームページ制作会社が作ったホームページやチラシは、見栄えも良く、
聞こえの良い言葉がいっぱい書いてあるのですが、実際の工事内容やサービス内容とは、
全く違う場合が多い為です。(苦笑い)
特に塗装技術に関しては、塗装工事に携わる職人の間では、当たり前に行っている事を、
「これは、本当にスゴイ!!」みたいな、当たり前の内容を誇張したインチキくさい記事が
頻繁に見られます。

また、個人で作っているホームページの場合は、塗装に関する知識が足らなかったり、
(単に勉強不足だと思います。)
塗料や施工方法の情報自体が古かったりする場合が多いです。
そんな都合の悪い内容を隠す為かは、定かではありませんが、いかにその塗装店が行っている
施工方法がすごいのか、当たり前の事をずら~っと意味も無く書き並べている場合もあります。

塗装工事の一括サイトや、某「その道のプロが教える○○サイト」の登録者サイトの中にも、
間違いや一括サイトや登録者サイトに都合の良い言葉が並べられています。
根本的にお金さえ払えば、誰でも登録されるシステム自体に問題があるのですが、
サイトを見ている一般のお客様は、そんな実態を全く知らない訳ですから、
嘘や間違いの情報を信じてしまっている事が多いです。


リフォームチラシや塗装屋ホームページによくある「コミコミ価格」の罠

ある人から、実際にあったできごとを聞いた話ですが、塗装工事のチラシで、見やすいイラストと、
すごく魅力的な言葉やキャッチコピーが並ぶ内容もイイ事づくめのチラシがあったらしいです。
あるお客様が、その中の「塗装まるごとパック○○万円(税込)」につられて、電話をしてみると、
すぐに営業マンが来てくれたそうです。

「本当に全部塗ってこの価格なんですか?」とチラシを眺めながら、営業マンに尋ねると
「えぇ、大丈夫ですよ。チラシのとおりです。」と答えました。
その営業マンは、受け答えも良く、信頼できると思ったので、すぐに契約をしました。
契約して10日後から塗装工事が始まって、約1週間程度で塗装工事も終わり、
さぁ足場が外され始めると・・・えぇ!樋や雨戸等、塗ってない部分が所々あります。

塗り替えてキレイになった部分と、キレイになっていない部分がくっきりと差が出てしまい、
なんだか、みっともなく見えます。
びっくりして、すぐに営業マンに電話をすると、
「その部分は、塗装まるごとパックの工事金額には入っていませんから・・・」と言われたそうです。
「でも、全部塗ってこの金額って言ったのは嘘なのか?」と言い返すと、
「○○様、チラシに書いてある項目は、全て塗ってあります。チラシをよく確認して見て下さい。」と
素っ気ない返事をされたらしいです。

そのチラシをよ~く確認すると、チラシの下のほうに
「外壁・軒天・破風板以外の部位は、塗装パックの内容に含まれていません。」との内容が
小さく記載されていました。
何も言わなくても全部キレイに塗ってくれるのが当たり前だと思っていたので、食い下がりましたが、
塗装するには、高額な追加料金が掛かると言うので、そのお客様は結局諦めたそうです。


やらせだらけの「塗り替え日記」

「○○塗装工事」等と立派なタイトルを付けて、塗装工事の施工内容を公開しているブログが
多くあります。そんなブログをじっくり読んでいくと、矛盾する点がたくさん出てきます。
日程ごとに工事内容を公開しているので、順番に見ていくと、「工法として、間違っている内容」や
「明らかに工程間隔がおかしい」と考えられるものが多くあります。

また、素人の方からは、なんだか色々と丁寧に施工してくれると思える様な内容でも、
「塗装のプロ」からすると、「これは、絶対おかしいぞ!」と簡単に見抜く事ができる内容も
たくさんあります。

また、そのブログの内容から察すると、いつも2人位で作業を行っているらしいのですが、
普通じゃ考えられない程、時間が掛っています。
もし、一般住宅の塗り替え工事で、天気がそんなに悪くないのにも関わらず、
塗り替え工事が1カ月近くも掛かっていたら、「塗装のプロ」から見ると、
「それは、仕事が丁寧な職人ではなく、段取りが悪く、技術やノウハウが無いにわか職人。」です。

ホームページの内容からすると、すごく丁寧な良心的な業者の様に感じられても、
実際の施工内容は「本当に大丈夫かなぁ?・・・」と不安を感じます。


お客様の声は「仕込み・サクラ」が多い?

塗装屋さんのホームページやブログの中にある「お客様の声」等と称した記事で、
お客様の顔写真付きでその業者を褒めている内容のものが多く見られます。

ちょっと冷静になって考えてみれば、「何かおかしい。」と分かるのですが、
何の気構えもなく見てしまうと、ついつい信じてしまいがちです。
そんなページの中でも、おかしなものを発見した事があります。

そのホームページを良く見てみると、お客様であるはずの方が、
その塗装店のブログ中で全く関係のない写真に写っていました。
気になって、更に過去のブログを遡って見ていくと、画像素材集のモデルさんとそっくりな
客様がいたり、「あれっ?」と思える部分がたくさんありました。

その後しばらくすると、その塗装店のブログとホームページの都合が悪い一部分の記事は
削除されてしまいました。
そのブログは、多分ホームページ業者か事務員が作成している閲覧数アップ用の
「仕込みのブログ」、「サクラのページ」だと思います。


塗装工事の契約書は、お互いの権利を守る重要な書類です。

一般のお客様の中で、「契約書」と言うと「そこまで大げさにしなくてもいいですよ。」と
おっしゃるお客様もいますが、決して大げさではないのです。
契約書によって、お客様の利益を守ります。当然、施工業者の権利も守ります。

「もしも、不利な契約を結ばされたら…」と不安に思うお客様もいるでしょうが、
そんな心配は必要ありません。
どちらか一方的に有利な契約書は、法律上は無効となります。
お客様と施工業者、双方の利益を守る為に交わすのが契約書です。


塗装工事の契約書に記載されている内容を必ず確認して下さい。

いくら、お客様と施工業者の間で契約書を交わしても、
契約書の内容も何も分からないのでは意味がありません。
最低でも契約書に下記の項目が記載されているか確認して下さい。


工事場所・工期・工事内容・支払条件・請負金額・付帯事項等
(工事が遅れた場合・支払いが遅れた場合・紛争が起こった場合等が記載されている文章)

そして、契約書は同じモノを2通用意して互いに内容を確認し、捺印して1通づつ保管します。
契約書は、工事が終わっても、塗装工事を行った事の証となりますので、大切に保管して下さい。